選択と疎外

からの

への


嫌悪から写真を撮ることへの抵抗があったと信じたい