読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルドミッラ

脇功は、理想の読者はただ書かれていることだけを読む人間だと言ったが
読解においてパフォーマティブな行為が存在する、あるいは必要になることを決して彼は忘れていないだろうことを念頭におくと、やはり困難というか存在しない人間のことを言っている。



いえ、認識論や意味論や批評について考えているわけではありません。
何が書かれているのかという問題だけです。