読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンドラの箱

あたしは鍵盤をたたく気になってキーボードを撃つ。
そのうちに、ひどいことになるよ。

眼もあてられぬほどに

けれどもそれは、ほんの一部分にとってのみ。
且つ、すぐ忘却の穴へゆく。

総和的感知はほぼないに等しく、
挿話的機能も持たない。
だから、とるに足らぬ。書く意味もなく。
もっとも良く、もっと悪く、