ルドルフ2世の宮廷画家


全てを程度問題に落とし込む悪式相対主義の墓場がルーマンなのだと言ったら、
文句を言われることすらそんなの先刻承知の上なんです。