読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪寒 旋律もセンテンスもメンテナンスも。

変貌の片鱗をくわえた猫はそれを美味しくいただけるでしょうか。
よろしくない。

燃焼することを思い出したのに、燃料が「無い」のです。
親しい友は消えてなくなってしまいました。
消えるという事は存在がなくなるということではなく、
変容は同義であり、
ありふれた出来事として認識されます。

肥だめのなかでまだ呼吸をしてしまうバクテリアは素晴らしい存在。
ソースは確認していません。