読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当然戻ってこない

こちらからガルシアマルケスの「言葉」を理解する事が困難になりました。
断絶なのかはよくわかりません。
かれの偉大な脳みそは「言葉」を変容させて。

ただ単に死ぬほど淋しいだけですが何か。

悪寒 旋律もセンテンスもメンテナンスも。

変貌の片鱗をくわえた猫はそれを美味しくいただけるでしょうか。
よろしくない。

燃焼することを思い出したのに、燃料が「無い」のです。
親しい友は消えてなくなってしまいました。
消えるという事は存在がなくなるということではなく、
変容は同義であり、
ありふれた出来事として認識されます。

肥だめのなかでまだ呼吸をしてしまうバクテリアは素晴らしい存在。
ソースは確認していません。

裏切り

これまでに二度やられた
「世界珍獣辞典」
「どこかにいってしまったものたち」

本気で憎い
せめて同じ装丁の文章中では嘘だとバラさない誠実さを求める

澪標、暇を尽くし

常に既にデッドエンド、素手にデッドエンド、未来をっ嫌悪し続けた結果ゆえ〜イエ〜
忌み嫌うべし、別紙幻想っやっぱデッドエンドレス
ラッパーにはなれないかもしれん。

恵まれない事共のために

この国では、頼れる人がいなくなり家をなくしお金をなくすと、
足が腐り青いカビが生えても病院に行くことができません。
そして電車では避けられ笑われて、終着駅から出されます。冬。

そして結局病院とか診察料とか考えて所持金五千円だしまわりの人に千円ずつカンパしてもらえばとか、それくらいのことしか考えられない人間も何も出来ない点で心ない現代人と同じであるという。

悶々としながら一旦家に帰り、
最寄り駅に戻って、終着駅に連絡をとりその男を見つけてほしいと頼んだときにはすでに遅い。
既に常に遅い。

叔父なんです見つけてくださいとか警察に言えばよかった。
てゆーかユニセフとかじゃなくて、痛めつけられた隣の人間に声をかけられなくて何を言うか。
後悔すら許されない行為を遂行してしまった。

ここで問題です。

① 自分結局こういう奴だし一回死んだわと思って生活する
② 外国へ逃げる
③ 田舎へ逃げる
④ 宇宙へ逃げる
⑤ サイバースペース(仮想)へ逃げる笑

悪笑