O.W.

『ゲイ短編小説集』の「幸福な王子」を読んでいて涙が出そうになっている人を見つけたら早速という予感