はっぴー

褪せたピンク色の革靴にしみ込んできた雨水は嫌いになれない。
ただ冷えた足指がにくい。というわけでもない。

悪いのは気分。


自覚的であることに自覚的という、
言語のあや。言葉のあやでは決して無くて。つまり糞づまり、